__mcall_offsetof_vbase(D, f)

この場合、D はクラス型で、fD の仮想ベースクラスで定義された非スタティックメンバ関数です。つまり、__mcall_is_in_vbase(D,f){TRUE} を返します。

__mcall_offsetof_vbase() は、D オブジェクトの開始位置から f が定義されているベースの開始位置までのベースオフセットを保持する、vtable スロットの vtable ポインタの値からの負のオフセットを返します。

ベースオフセットは、D へのポインタを使用する f への呼び出しを行うときに必要となる this 調整です。

Note

正のオフセットを返す場合は、その値を vtable ポインタの値から減算する必要があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472BJ
Non-ConfidentialID011811