浮動小数点演算に対するコンパイラサポート

コンパイラには、ハードウェアとソフトウェアの両方で浮動小数点演算を管理するための機能が多く用意されています。例えば、ソフトウェアまたはハードウェアの浮動小数点サポート、特定のハードウェアアーキテクチャ、IEEE 浮動小数点規格の準拠レベルなどを指定できます。

浮動小数点オプションを選択すると、浮動小数点パフォーマンス、システムコスト、およびシステムの柔軟性の間でさまざまな釣り合いをとることができます。パフォーマンス、コスト、および柔軟性の間で最良の釣り合いをとるには、適切な浮動小数点オプションを選択する必要があります。

ARM プロセッサコアには浮動小数点ハードウェアが含まれていないため、浮動小数点演算を以下の方法で別途サポートする必要があります。

浮動小数点演算にハードウェアサポートを利用するコードの方が、ソフトウェアで浮動小数点演算を行うコードより小型であり、パフォーマンスも優れています。ただし、浮動小数点演算のハードウェアサポートを利用するには、VFP コプロセッサが必要です。

Show/hide関連項目

概念
参照
その他の情報
Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472BJ
Non-ConfidentialID011811