インラインアセンブリ言語に対するコンパイラサポート

コンパイラのインラインアセンブラを使用することにより、最適なアセンブリ言語ルーチンを記述し、C または C++ で利用できないターゲットプロセッサの機能にアクセスできます。

以下のトピックを参照して下さい。

インラインアセンブリ言語の代わりにレジスタ変数を使用する方法については、以下を参照して下さい。

C および C++ ソースコードでインラインアセンブラを使用する方法、およびインラインアセンブリ言語の制限については、以下を参照して下さい。

ARM プロセッサ用のアセンブリ言語の記述については、以下を参照して下さい。

RVCT と ARM コンパイラ 4.1 との重要な相違点については、以下を参照して下さい。

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472BJ
Non-ConfidentialID011811