NEON の C 拡張機能

NEON の C 拡張機能は、C から NEON ユニットへのアクセスを可能にするために ARM によって定義された新しいデータ型およびコンパイラ組み込み関数セットです。ベクタ関数の大部分は NEON ユニットで使用可能なベクタ命令に直接マッピングされ、NEON 拡張 ARM C コンパイラによってインラインコンパイルされます。これらの拡張機能では、アセンブリ言語のコーディングによって得られるパフォーマンスに相当する C レベルのパフォーマンスを達成できます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472EJ
Non-ConfidentialID081711