コンパイラのソース言語モード

コンパイラには、以下の 3 つのソース言語モードがあります。これらのモードを使用して、さまざまなタイプの C および C++ のソースコードをコパイルできます。

ISO C90

コンパイラは、1990 C 標準および追補表の定義に従って C をコンパイルします。

C90 コードをコンパイルする場合は、--c90 オプションを使用して下さい。これはデフォルトの動作です。

ISO C99

コンパイラは、1999 C 標準および追補表の定義に従って C をコンパイルします。

C99 コードをコンパイルする場合は、--c99 オプションを使用して下さい。

ISO C++

コンパイラは、2003 標準の定義に従って C++ をコンパイルします(ワイドストリームとエクスポートテンプレートを除く)。

C++ コードをコンパイルする場合は、--cpp オプションを使用して下さい。

コンパイラは、C および C++ 言語に対する多くの言語拡張をサポートしています。例えば、一部の GNU コンパイラの拡張機能がサポートされます。ンパイラには、ソース言語への準拠の程度に対応したいくつかのモードがあります。

厳密モード

厳密モードでは、ソース言語に対応する言語標準への準拠が強く要求されます。

厳密モードでコンパイルするには、コマンドラインオプション --strict を使用して下さい。

GNU モード

GNU モードでは、ソース言語の GNU コンパイラ拡張機能がすべて使用可能になります。

GNU モードでコンパイルする場合は、コンパイラの --gnu オプションを使用して下さい。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472EJ
Non-ConfidentialID081711