複数のプリコンパイルヘッダ(PCH)ファイルを使用したコンパイル

コンパイル時に複数の PCH ファイルが適用される場合があります。その場合、最も大きなファイル(つまり、元のソースファイルに含まれる最もくのプリプロセッシングディレクティブが含まれるファイル)が使用されます。例えば、元のソースファイルが以下の行で始まっているとします。

#include "xxx.h"
#include "yyy.h"
#include "zzz.h"

xxx.h に対応する PCH ファイルと、xxx.h および yyy.h に対応する PCH ファイルがある場合、現在のコンパイルでは両方が適用されるという想定で、後者の PCH ファイルが選択されます。さらに、PCH フイルの作成要件が満たされている場合、最初の 2 つのヘッダに対応する PCH ファイルが読み出され、3 番目のヘッダがコンパイルされた後、3 つすべてのヘッダに対応する新しい PCH ファイルが作成される場合があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472EJ
Non-ConfidentialID081711