__vcall_offsetof_vfunc(D, f)

この場合、D はクラスで、fD で定義された仮想関数か、D のベースクラスです。

関数は、仮想関数 f へのポインタを保持する vtable 内のスロットのオフセットを返します。

f が仮想メンバ関数ではない場合に __vcall_offsetof_vfunc(D, f) を使用すると、有効であればアセンブリエラーを発生させる任意の値を返します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472EJ
Non-ConfidentialID081711