コンパイラによる自然なバイト境界整列でのデータオブジェクトの格納

コンパイラは、デフォルトで、Table 16 に示すバイト境界整列でデータオブジェクトを格納します。

Table 16. コンパイラによるバイト境界整列でのデータオブジェクトの格納

バイト境界整列
charbool_Bool1任意のバイトアドレスに配置されます。
shortwchar_t22 の倍数のアドレスに配置されます。

floatintlongpointer

44 の倍数のアドレスに配置されます。

long longdoublelong double

88 の倍数のアドレスに配置されます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472EJ
Non-ConfidentialID081711