C および C++ コードのインラインアセンブラの分岐とラベル

インラインアセンブリコードで定義されたラベルには、次の特性があります。

C および C++ で定義されるラベルは、以下の形式で、インラインアセンブリコード内の分岐命令のターゲットとして使用できます。

B{cond} label

以下に例を示します。

int foo(int x, int y)
{
  __asm
  {
     SUBS x,x,y
     BEQ end
  }

  return 1;

  end:
    return 0;
}

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472EJ
Non-ConfidentialID081711