プリコンパイルヘッダ(PCH)ファイルの自動処理

--pch コマンドラインオプションを使用すると、PCH ファイルの自動処理が有効になります。つまり、コンパイラは指定された場所で PCH ファイルを自動的に検索し、検出された場合はそのファイルを読み出します。ファイルが検出されない場合には、コンパイラによってその後のコンパイルで使用するための PCH ファイルが作成されます。

コンパイラは、PCH ファイルの作成時に、元のソースファイルの名前を取得し、その接尾文字を .pch に置き換えます。--pch_dir オプションを指定した場合を除き、PCH ファイルは元のソースファイルと同じディレクトリに作成されます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472EJ
Non-ConfidentialID081711