ベクタ浮動小数点(VFP)アーキテクチャ

VFP アーキテクチャは、単精度と倍精度の両方の演算をサポートします。 多くの演算がスカラ形式とベクタ形式のいずれでも実行できます。 このーキテクチャの複数のバージョンがサポートされています。以下はその例です。

Note

VFP アーキテクチャの一部の実装では、実装に固有の追加機能が提供される場合があります。 例えば、VFP コプロセッサハードウェアには、例外条を記述するための追加のレジスタが含まれていることがあります。 この追加機能は、サブアーキテクチャ機能と呼ばれます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472GJ
Non-ConfidentialID051612