最適化コンパイラとしてのコンパイラ

コンパイラは、コードサイズを縮小しパフォーマンスを向上させる高度な最適化機能を備えています。 このコンパイラは、他の最適化コンパイラと共通の最適化を実行します。その例としては、共通部分式の削除などのデータフロー最適化やループの結合と分割などのループ最適化が挙げらます。 また、ARM アーキテクチャベースのプロセッサに固有のさまざまな最適化も実行します。

コンパイラは高度な最適化機能を備えていますが、正しい最適化条件および正しいターゲットプロセッサとアーキテクチャを選択すると、C コーまたは C++ コードのパフォーマンスをさらに大幅に向上できる場合が少なくありません。

Note

最適化オプションを使用することにより、コンパイラが生成するデバッグ情報を制限できます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472GJ
Non-ConfidentialID051612