2.6 stdout への出力の転送

出力を標準出力ストリームに送信するには、-o- オプションを使用します。

以下に例を示します。
armcc -c -o- hello.c
このコマンドを実行すると、ソースコードのアセンブリリストが stdout に出力されます。
プリプロセッサ出力を stdout に送信するには、-E オプションを使用します。
関連する概念
2.1 コンパイラのコマンドライン構文
2.2 コンパイラコマンドラインオプションのグループ別一覧
関連情報
コマンドラインオプションの指定ルール
ツールチェーンの環境変数
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.