4.4 汎用のコンパイラ組み込み関数

コンパイラには、汎用(特定分野のアプリケーションを対象としない)組み込み関数が多数用意されています。

以下の汎用コンパイラ組み込み関数は、ISO C 標準および ISO C++ 標準の ARM 言語拡張機能です。
  • __breakpoint コンパイラ組み込み関数
  • __current_pc コンパイラ組み込み関数
  • __current_sp コンパイラ組み込み関数
  • __nop コンパイラ組み込み関数
  • __return_address コンパイラ組み込み関数
  • __semihost コンパイラ組み込み関数
これらのコンパイラ組み込み関数の実装は、すべてのアーキテクチャで可能です。
関連する参考文書
10.106 __breakpoint コンパイラ組み込み関数
10.110 __current_pc コンパイラ組み込み関数
10.111 __current_sp コンパイラ組み込み関数
10.127  __nop コンパイラ組み込み関数
10.137  __return_address コンパイラ組み込み関数
10.140  __semihost コンパイラ組み込み関数
10.160 GNU 組み込み関数
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.