5.9 コードメトリック

コードメトリックを使用すると、コード品質を客観的に評価できます。コンパイラおよびリンカには、単純なコードメトリックを生成し、コード品質を向上させるための機能がいくつか用意されています。

これらの機能を使用すると、以下を実行できます。
  • コードサイズとデータサイズの測定。
  • ダイナミックコールグラフの生成。
  • スタック使用の測定。
関連する概念
5.10 コードサイズとデータサイズの測定用コードメトリック
5.11 C および C++ のスタックの使用
関連情報
--info=topic[,topic,...] fromelf オプション
--info=topic[,topic,...] リンカオプション
--map、--no_map リンカオプション
--callgraph、--no_callgraph リンカオプション
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.