5.48 半精度浮動小数点数の形式

使用可能な半精度浮動小数点形式は、ieeealternative です。どちらの形式でも、16 ビット数値の基本的なレイアウトは同じです。

半精度浮動小数点の形式を以下に示します。
図 5-1 半精度浮動小数点形式
この図を表示するには、ご使用のブラウザが SVG 形式をサポートしている必要があります。ネイティブでサポートしているブラウザをインストールするか、次のような適切なプラグインをインストールします。Adobe SVG Viewer。.

各項目には以下の意味があります。
   S (bit[15]):      Sign bit
   E (bits[14:10]):  Biased exponent
   T (bits[9:0]):    Mantissa.
これらのフィールドの意味は、選択されている形式により異なります。
IEEE 半精度形式を以下に示します。
IF E==31:
   IF T==0: Value = Signed infinity
   IF T!=0: Value = Nan
             T[9] determines Quiet or Signalling:
                  0: Quiet NaN
                  1: Signalling NaN
IF 0<E<31:
   Value = (-1)^S x 2^(E-15) x (1 + (2^(-10) x T))
IF E==0:
   IF T==0: Value = Signed zero
   IF T!=0: Value = (-1)^S x 2^(-14) x (0 + (2^(-10) x T))
代替半精度形式を以下に示します。
IF 0<E<32:
   Value = (-1)^S x 2^(E-15) x (1 + (2^(-10) x T))
IF E==0:
   IF T==0: Value = Signed zero
   IF T!=0: Value = (-1)^S x 2^(-14) x (0 + (2^(-10) x T))
関連する概念
5.41 浮動小数点演算に対するコンパイラサポート
5.42 デフォルトで選択されるハードウェアまたはソフトウェアによる浮動小数点サポート
5.43 浮動小数点演算に関するハードウェアサポートとソフトウェアサポートの違いの例
5.44 ベクタ浮動小数点(VFP)アーキテクチャ
5.45 浮動小数点演算のハードウェアによる処理に関する制限
5.46 ベクタ浮動小数点(VFP)サポートコードの実装
5.47 半精度浮動小数点数に対するコンパイラおよびライブラリサポート
5.49 浮動小数点計算と浮動小数点リンケージに対するコンパイラサポート
5.50 浮動小数点リンケージの種類
5.51 浮動小数点リンケージと浮動小数点計算のコンパイラオプション
関連する参考文書
5.52 コンパイラオプションの浮動小数点リンケージと浮動小数点計算の要件
5.53 プロセッサおよび暗黙の浮動小数点ユニット(FPU)
8.85 --fp16_format=format
関連情報
Institute of Electrical and Electronics Engineers
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.