5.55 C コードのソフトウェアでのゼロによる浮動小数点除算エラー

ソフトウェアでのゼロによる浮動小数点除算エラーは、コンパイラ組み込み関数と C ライブラリヘルパ関数を組み合わせて使用することによってトラップおよび識別できます。

特に、以下のことを実行できます。
  • __ieee_status コンパイラ組み込み関数によって、ゼロによる浮動小数点除算エラーをトラップすることができます。
  • _fp_trapveneer() にブレークポイントを設定すると、ソフトウェアでのゼロによる浮動小数点除算エラーを識別することができます。
  • $Super$$ および $Sub$$ メカニズムを使用して _fp_trapveneer() をインターセプトすると、デバッグ用のパラメータを保存することができます。
関連する概念
5.56 ソフトウェアでのゼロによる浮動小数点除算エラーのトラップについて
5.57 ソフトウェアでのゼロによる浮動小数点除算エラーの識別
5.58 ソフトウェアでのゼロによる浮動小数点除算エラーのデバッグ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.