5.71 C99 の選択および反復ステートメントの新しいブロック有効範囲

for ループでは、C++ での場合と同様に、最初の式が宣言である場合があります。宣言の有効範囲はループの本体までです。

例えば、
extern int max;
for (int n = max - 1; n >= 0; n--)
{
    // ループの本体
}
上記のコマンドは、以下のコマンドと同じ意味です。
extern int max;
{
    int n = max - 1;
    for (; n >= 0; n--)
    {
        // ループの本体
    }
}

C++ とは異なり、 for -test、 if -test、または switch -expression では新しい宣言を使用できません。
関連する概念
5.59 C99 の新しい言語機能
5.61 C99 および C90 の // コメント
5.62 C99 の複合リテラル
5.63 C99 の指定済みのイニシャライザ
5.64 C99 の 16 進浮動小数点数
5.65 C99 のフレキシブル配列メンバ
5.66 C99 の __func__ 定義済み識別子
5.67 C99 の inline 関数
5.68 C99 および C90 の long long データ型
5.69 C99 の使用する引数の数が一定でないマクロ
5.70 C99 の宣言とステートメントの混合
5.72 C99 の _Pragma 処理命令
5.73 C99 の制限付きポインタ
5.75 C99 の複素数
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.