5.75 C99 の複素数

C99 モードでは、コンパイラは複素数および虚数をサポートしています。GNU モードでは、コンパイラは複素数のみをサポートしています。

以下に例を示します。
#include <stdio.h>
#include <complex.h>
int main(void)
{
    complex float z = 64.0 + 64.0*I;
    printf("z = %f + %fI\n", creal(z), cimag(z));
    return 0;
}
複素数の種類は以下のとおりです。
  • float complex
  • double complex
  • long double complex
関連する概念
5.59 C99 の新しい言語機能
5.61 C99 および C90 の // コメント
5.62 C99 の複合リテラル
5.63 C99 の指定済みのイニシャライザ
5.64 C99 の 16 進浮動小数点数
5.65 C99 のフレキシブル配列メンバ
5.66 C99 の __func__ 定義済み識別子
5.67 C99 の inline 関数
5.68 C99 および C90 の long long データ型
5.69 C99 の使用する引数の数が一定でないマクロ
5.70 C99 の宣言とステートメントの混合
5.71 C99 の選択および反復ステートメントの新しいブロック有効範囲
5.72 C99 の _Pragma 処理命令
5.73 C99 の制限付きポインタ
5.60 C99 の新しいライブラリ機能
5.74 C99 の &lt;math.h&gt; の追加の数学ライブラリ関数
5.76 C99 のブール型と &lt;stdbool.h&gt;
5.77 C99 の &lt;inttypes.h&gt; および &lt;stdint.h&gt; の拡張整数型と関数
5.78 C99 の &lt;fenv.h&gt; 浮動小数点環境アクセス
5.79 C99 の <stdio.h> の snprintf 関数ファミリ
5.80 C99 の <tgmath.h> の型汎用数学マクロ
5.81 C99 の <wchar.h> のワイドキャラクタ I/O 関数
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.