7.39 __mcall_this_offset(D, f)

D オブジェクトの開始位置から、f が定義されているベースの開始位置までのオフセットを返します。

D へのポインタを使用する f への呼び出しを行うには、this を調整する 必要があります。fD 内で見つかるか、Bf を含む D の非仮想ベースクラスの場合の __offsetof_base(D,B) と同じになる場合は、この値はゼロになります。
この場合、D はクラス型で、fD で定義された非スタティックメンバ関数または D の非仮想ベースクラスです。
fD の仮想ベースクラス内で見つかる場合に __mcall_this_offset(D,f) を使用すると、有効であればアセンブリエラーを発生させる任意の値を返します。そのため、 __mcall_this_offset を正しく使用しないと、スキップするアセンブリコードを含むセクションでこのような状態が発生する可能性があります。
関連する概念
7.35 組み込みアセンブラのクラスメンバ関数を呼び出すためのコンパイラでサポートされているキーワード
7.42 非仮想メンバ関数の呼び出し
7.43 仮想メンバ関数の呼び出し
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.