8.28 --compile_all_input、--no_compile_all_input

ファイル拡張子の処理を抑制する機能を有効または無効にして、任意の拡張子のファイルをコンパイルできるようにします。

有効の場合には、コンパイラはファイル拡張子の処理を完全に抑止し、すべての入力ファイルを接尾文字 .c の付いた入力ファイルとして処理します。

デフォルト

デフォルトは --no_compile_all_input です。
関連する参考文書
8.117 --link_all_input、--no_link_all_input
2.7 コンパイラで認識されるファイル名の接尾文字
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.