8.93 --gnu_defaults

他の特定のオプションのデフォルトの設定を、GCC におけるデフォルトの動作と一致するように変更します。ARM Linux のターゲット設定など、プラットフォーム固有の設定には影響しません。

使用法

--gnu_defaults を指定しても、ARM Linux のターゲットが暗黙的に設定されることはありません。
--gnu_defaults を使用した場合、以下のオプションが有効になります。
  • --allow_null_this.
  • --gnu
  • --no_debug_macros.
  • --no_hide_all
  • --no_implicit_include.
  • --signed_bitfields.
  • --wchar32.
--gnu については、該当するデフォルトが設定されるわけではありません。単に GNU コンパイラ拡張機能が有効になるだけです。

デフォルト

--arm_linux やその他の ARM Linux のターゲット設定オプションを使用した場合、 --gnu_defaults が自動的に選択されます。
関連する参考文書
8.9 --arm_linux_config_file=path
8.10 --arm_linux_configure
8.11 --arm_linux_paths
8.30 --configure_cpp_headers=path
8.182 --translate_gcc
8.183 --translate_gld
8.31 --configure_extra_includes=paths
8.32 --configure_extra_libraries=paths
8.34 --configure_gcc=path
8.35 --configure_gcc_version=version
8.36 --configure_gld=path
8.181 --translate_g++
8.170 --shared
8.76 --execstack、--no_execstack
8.37 --configure_sysroot=path
8.8 --arm_linux
8.3 --allow_null_this、--no_allow_null_this
8.47 --debug_macros、--no_debug_macros
8.92 --gnu
8.98 --hide_all、--no_hide_all
8.101 --implicit_include、--no_implicit_include
8.172 --signed_bitfields、--unsigned_bitfields
8.202 --wchar、--no_wchar
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.