8.117 --link_all_input、--no_link_all_input

入力されたファイル拡張子が認識されない場合のエラーの抑制を有効または無効にできます。

有効にした場合、コンパイラは、入力されたファイル拡張子が認識されない場合のエラーを抑制します。認識されなかったすべての入力ファイルは、オブジェクトファイルまたはライブラリとして処理されてリンカに渡されます。

デフォルト

デフォルトは --no_link_all_input です。
関連する参考文書
8.28 --compile_all_input、--no_compile_all_input
2.7 コンパイラで認識されるファイル名の接尾文字
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.