10.86 #pragma GCC system_header

このプラグマは GNU モードで使用できます。現在のファイル内の後続の宣言が、システムヘッダファイルにあるものとしてマークされます。

このプラグマは、一部の診断メッセージの重大度に影響する場合があります。
関連する参考文書
8.92 --gnu
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.