10.157 __vfp_status コンパイラ組み込み関数

このコンパイラ組み込み関数は、FPSCR の読み出しまたは変更を行います。

構文

unsigned int __vfp_status(unsigned int mask , unsigned int flags );

使用法

この組み込み関数を使用して、FPSCR でフラグの読み出しまたは変更を行います。
maskflags が 0 の場合、組み込み関数は変更されていない FPSCR の値を返します。
次の表に示すように、mask および flags でビットを使用することによって、FPSCR の個々のフラグのクリア、設定、または切り替えができます。maskflags の両方が 0 ではない場合、組み込み関数は FPSCR の変更された値を返します。

表 10-18 FPSCR フラグの変更

mask ビット
flags ビット
FPSCR フラグへの影響
0
0
フラグの変更なし
0
1
フラグの切り替え
1
1
フラグの設定
1
0
フラグのクリア

FPSCR の例外フラグのみを読み出すまたは変更するには、<fenv.h> の標準 C99 機能を使用することを推奨します。

エラー

VFP のないターゲットをコンパイルするときに、この組み込み関数を使用しようとすると、エラーが生成されます。
関連する概念
5.78 C99 の &lt;fenv.h&gt; 浮動小数点環境アクセス
関連情報
NEON/VFP システムレジスタ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.