15.8 配列とポインタ

ISO C 標準での必要に応じて、配列とポインタに関する ARM C コンパイラおよび C ライブラリの実装定義機能について説明します。

以下は、メンバへのポインタを除き、C および C++ のオブジェクトを指すすべてのポインタに適用されます。
  • 隣接するバイトには、1 つずつ異なるアドレスが割り当てられます。
  • マクロ NULL は値 0 に展開されます。
  • 整数とポインタ間のキャストによって表現が変化することはありません。
  • コンパイラでは、関数へのポインタとデータへのポインタ間のキャストについて警告を生成します。
  • size_t 型は、unsigned int として定義されます。
  • ptrdiff_t 型は、signed int として定義されます。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.