15.11 修飾子

ISO C 標準での必要に応じて、修飾子に関する ARM C コンパイラおよび C ライブラリの実装定義機能について説明します。

volatile 修飾子の指定された型を持つオブジェクトは、そのサイズと境界整列に基づいてワード、ハーフワード、またはバイトとしてアクセスされます。1 ワードより大きい volatile オブジェクトの場合、オブジェクトの各部分へのアクセス順は定義されていません。通常、volatile ビットフィールドを更新するには、読み出し-修正-書き込みの手続きが必要です。境界整列されたワード型、ハーフワード型、およびバイト型へのアクセスはアトミックです。その他の volatile アクセスは必ずしもアトミックではありません。
それ以外の場合は、ソースコードによって暗黙に定義される順番で、ソースコードが暗黙に定義するとおりに、volatile 修飾子の指定されたオブジェクトの読み出しと書き込みが行われます。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.