15.12 式の評価

ISO C 標準での必要に応じて、式の評価に関する ARM C コンパイラおよび C ライブラリの実装定義機能について説明します。

コンパイラで再度順序付けを行うことができる式は、括弧内に記述されている場合でも、優先度が等しい連想型および可換型の演算子が使用される式だけです。たとえば、abc が整数式の場合、a + (b + c)(a + b) + c として評価されることがあります。
シーケンス間で、コンパイラは、括弧に関係なくどのような順序でも式を評価できます。したがって、各シーケンスの間の式の影響はどのような順序でも起こり得ます。
コンパイラは関数引数を任意の順序で評価できます。
関連する標準仕様によって定義されていない評価順序は、次の事由によって異なる場合があります。
  • コンパイル時の最適化レベル。
  • コンパイラのバージョン。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0472LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.