数値定数

数値定数は 32 ビットの整数です。数値定数は、0 ~ 232-1 の範囲の符号なし数値を使用して、または -231 ~ 23 -1 の範囲の符号付き数値を使用して設定できます。しかし、アセンブラは -n と 232-n を区別しません。>= などの関係演算子は、符号なしとして解釈されます。その結果、0 > -1 は {FALSE} として処理されます。

定数を定義するには、EQU ディレクティブを使用します。定義後に数値定数の値を変更することはできません。数値定数とバイナリ演算子を組み合わせて、式を作成することができます。

Show/hide関連項目

概念
参照

『アセンブラリファレンス』

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0473FJ
Non-ConfidentialID111311