アプリケーションプログラムステータスレジスタ

アプリケーションプログラムステータスレジスタ(APSR)には、論理演算装置(ALU)ステータスフラグのコピーがストアされます。これらのフラグは、条件コードフラグとも呼ばれます。ALU ステータスフラグによって、条件付き命令を実行するかどうかが決まります。

ARMv5TE および ARMv6 以降のアーキテクチャでは、Q(サチュレーション)フラグも APSR に保持されます。

ARMv6 以降では、GE(Greater than or Equal)フラグも APSR に保持されます。GE フラグは、並列加算命令および並列減算命令で設定できます。GE フラグは SEL 命令で使用して、2 つのレジスタからのバイトベースの選択を実行します。

これらのフラグには、MSR 命令および MRS 命令を使用して、すべてのモードでアクセスできます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0473FJ
Non-ConfidentialID111311