ARM、Thumb、および ThumbEE の命令セット

ARM 命令セットは、広範な演算の実行を可能にする 32 ビット命令のセットです。

ARMv4T 以降のアーキテクチャでは、Thumb と呼ばれる 16 ビットの命令セットが定義されています。この命令セットでは、32 ビット ARM 命令セットのほとんどの機能を使用できますが、一部の処理にはより多くの命令が必要になります。16 ビット Thumb 命令セットでは、パフォーマンスと引き換えに優れたコード密度を実現しています。

ARMv6T2 には、16 ビット Thumb 命令セットのメジャーアップデートである 32 ビット Thumb 命令が定義されています。32 ビットと 16 ビットの Thumb 命令は、どちらでも ARM 命令セットとほぼ同一の機能が提供されます。32 ビット Thumb 命令セットでは、ARM コードの高パフォーマンスと、16 ビット Thumb ードと同様の優れたコード密度を実現しています。

ARMv7 には、Thumb Execution Environment(ThumbEE)が定義されています。ThumbEE 命令セットは、Thumb をベースに、動的に生成されるコード(つまり、実行直前か実行中にデバイスでコンパイルされるコード)に合わせた変更や追加が行われています。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0473FJ
Non-ConfidentialID111311