メモリアクセス

次のアドレシングモードは、一般的にメモリアクセス命令で使用できます。

オフセットアドレシング

ベースレジスタから取得したアドレスにオフセット値が適用されます。その結果は、メモリアクセス用のアドレスとして使用されます。ベースレジスタは変更されません。このモードのアセンブリ言語構文は以下のとおりです。

[Rn, offset]
プレインデクスアドレシング

ベースレジスタから取得したアドレスにオフセット値が適用されます。その結果は、メモリアクセス用のアドレスとして使用され、ベースレジスタにライトバックされます。このモードのアセンブリ言語構文は以下のとおりです。

[Rn, offset]!
ポストインデクスアドレシング

ベースレジスタから取得したアドレスが、変更されずに、メモリアクセス用のアドレスとして使用されます。そのアドレスにオフセット値が適用れ、ベースレジスタにライトバックされます。このモードのアセンブリ言語構文は以下のとおりです。

[Rn], offset

いずれの場合も、Rn はベースレジスタで、offset には以下を指定できます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0473FJ
Non-ConfidentialID111311