VFP コプロセッサ

VFP コプロセッサと、そのサポートコードを使用することにより、ANSI/IEEE 標準規格 754-1985「IEEE Standard for Binary Floating-Point Arithmetic(二進浮動小数点演算に関する IEEE 標準規格)」で定義されているように、単精度および倍精度の浮動小数点演算を実行できます。本書では、これを「IEEE 754 標準」と呼びます。

VFP コプロセッサでは、ARM コアのレジスタバンクとは別のレジスタバンクを使用します。

Note

VFP レジスタバンクは、NEON レジスタバンクと共有されます。

お使いのプロセッサに、VFPv2、VFPv3、または VFPv4 のいずれかのコプロセッサが搭載されている場合があります。VFPv3 には以下のバリアントがありアクセス可能なレジスタの数や半精度拡張のサポートの有無がそれぞれ異なります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0473FJ
Non-ConfidentialID111311