ARMv6-M および ARMv7-M のプロセッサモード

ARMv6-M および ARMv7-M では、以下の 2 つのプロセッサモードを使用できます。

スレッドモードは、プログラムを実行する通常のモードです。特権モードまたは非特権モードでソフトウェアを実行できます。ハンドラモードは例外を処理するモードです。常に特権モードでソフトウェアを実行します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0473FJ
Non-ConfidentialID111311