MOV32 を使用したレジスタへの 32 ビット値のロード

ARMv6T2 以降では、ARM 命令セットと Thumb 命令セットの両方に、以下の命令が含まれています。

これら 2 つの命令を使用して、レジスタに任意の 32 ビットイミディエート値を構成できます。また、MOV32 疑似命令を使用することもできます。アセンブラからは、MOV 命令と MOVT 命令のペアが生成されます。

また、MOV32 命令で、イミディエート値の代わりにラベルまたは PC 相対式を使用すると、レジスタにアドレスをロードすることもできます。リンカがリンクにアドレスを解決できるように、アセンブラでは、再配置ディレクティブをオブジェクトファイル内に配置します。

Show/hide関連項目

概念
参照

『アセンブラリファレンス』:

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0473FJ
Non-ConfidentialID111311