NOP に最適化される分岐の処理

デフォルトでは、リンカは次の命令に解決する再配置のある分岐を NOP 命令に置き換えます。 リンカが末尾呼び出しセクションの再順序付けを行う場合は、この最適化も適用できます。

ただし、検証やパイプラインのフラッシュを実行する場合など、このオプションを無効にすることが必要になる場合もあります。

この最適化を制御するには、--branchnop コマンドラインオプションと --no_branchnop コマンドラインオプションを使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0474GJ
Non-ConfidentialID051612