スキャッタロード時のベニアの再利用

リンカでは可能な限りベニアを再利用しますが、保護されているロード領域およびオーバーレイ実行領域でのベニアの再利用にはいくつか制限があります。

スキャッタファイルを使用すると、RAM の同じ領域を共有する領域を作成できます。

べニアを再利用できない場合は、代わりに新しいベニアが作成されます。 スキャッタロードを使用してベニアを特定の位置に配置するようリンカに指示する場合を除き、ベニアは常に、ベニアを必要とする呼び出しを含む実行領域内に配置されます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0474GJ
Non-ConfidentialID051612