SysV モデルのリンカオプション

リンカを使用すると、System V(SysV)の共有ライブラリをビルドおよびリンクし、SysV の実行可能ファイルを作成できます。 以下の表には、SysV メモリモデルに関連するコマンドラインオプションを示しています。

Table 18. SysV サポートの有効化

コマンドラインオプション説明
--arm_linuxこれは、--sysv を指定したことになります。
--sysvSysV の実行可能ファイルを生成します。
--sysv --sharedSysV の共有ライブラリを生成します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0474GJ
Non-ConfidentialID051612