バージョン管理シンボルの作成例

以下の例では、シンボル foo@ver1foo@@ver2、および bar@@ver1 をオブジェクトシンボルテーブルに配置します。

Example 42. バージョン管理シンボルの作成、組み込みシンボル

int old_function(void) __asm__("foo@ver1");
int new_function(void) __asm__("foo@@ver2");
int other_function(void) __asm__("bar@@ver1");

ver2ver1 に依存する追加の依存関係情報を含む、対応するスクリプトファイルを以下に示します。

Example 43. バージョン管理シンボルの作成、スクリプトファイル

ver1
{
    global:
        foo; bar;
    local:
        *;
};

ver2
{
    global:
        foo;
} ver1;

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0474GJ
Non-ConfidentialID051612