ステアリングファイルの形式

ステアリングファイルは、以下の形式で記述されるプレーンテキストファイルです。

各コマンドラインは、コマンドとそれに続くコンマで区切られたオペランドグループから構成されます(複数可)。 各オペランドグループは、コマンドによって 1 つまたは 2 つのオペランドで構成されます。 コマンドは、そのコマンドの各オペランドグループに適用されます。 以下の規則適用されます。

コマンドは、グローバルシンボルのみに適用されます。 ローカルシンボルなどのその他のシンボルは影響を受けません。

以下の例には、サンプルのステアリングファイルを示しています。

Example 6. ステアリングファイルの例

; my_func1 を func1 としてインポートする
IMPORT my_func1 AS func1

# 非常に長い関数名を短い名前に変更する
RENAME a_very_long_function_name AS,
       short_func_name

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0474GJ
Non-ConfidentialID051612