末尾呼び出しセクションの再順序付けについて

Tail の呼び出しセクションとは、セクションの終わりに分岐命令を含むセクションです。 分岐命令に別のセクションの先頭にある関数をターゲッとする再配置が含まれている場合、リンカは呼び出し先セクションの直前に末尾呼び出しセクションを配置できます。 そうすると、末尾呼び出セクションの終わりにある分岐命令を NOP 命令に最適化できます。

コマンドラインオプション --tailreorder を使用して末尾呼び出しセクションをターゲットの直前に移動すると、この動作を利用できます。

リンカによって実行される末尾呼び出しの最適化に関する情報を表示するには、--info=tailreorder コマンドラインオプションを使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0474GJ
Non-ConfidentialID051612