一部のリンクエラーの原因の特定

--info inputs を使用すると、いくつかのリンクエラーの原因を特定できます。 例えば、出力を検索すると、ライブラリオブジェクトから未定義の参照を探しり、ライブラリ関数を再びターゲットにすることで定義されるシンボルやその他のシンボルを増加させたりすることができます。 リンクエラー見つけて解決するには、この出力の最後から逆方向に検索します。

--verbose オプションを使用すると、同様の内容に加えて、リンカ処理についての追加情報を出力することもできます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0474GJ
Non-ConfidentialID051612