6.11 セクション関連シンボル

セクション関連シンボルは、スキャッタロードを使用しないでイメージを作成するときに、リンカによって生成されるシンボルです。

リンカによって、以下のタイプのセクション関連シンボルが生成されます。

  • イメージシンボル(単純イメージを作成するためにスキャッタロードを使用しない場合)。単純イメージには、対応する実行領域を生成する最高 4 つの出力セクション(XO、RO、RW、ZI)があります。

  • 入力セクションのシンボル(イメージ内に存在する入力セクションごと)。

リンカでは、実行領域内のセクションをまず RO、RW、ZI の属性でソートし、次に名前でソートします。したがって、例えば、.text セクションはすべて連続して 1 つのブロック内に配置されます。同じ属性と名前を持つセクションが隣接するブロックを、統合セクションと呼びます。

関連する参考文書
6.12 イメージシンボル
6.13 入力セクションのシンボル
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.