6.23 ステアリングファイルを使用したグローバルシンボルの非表示および名前の変更

ステアリングファイルを使用して、出力ファイル内のグローバルシンボル名を非表示にしたり、変更したりすることができます。

必要に応じて、HIDE コマンドおよび RENAME コマンドを使用します。

例えば、ステアリングファイルを使用して、知的所有権を保護したり、ネームスペースの衝突を回避したりすることができます。

シンボルの名前を変更する例を以下に示します。

RENAME ステアリングコマンドの例
RENAME func1 AS my_func1

シンボルを非表示にする例を以下に示します。

HIDE ステアリングコマンドの例
; 接頭文字 ‘internal’ が付いているすべてのグローバルシンボルを非表示にする HIDE internal*
関連する概念
6.19 ステアリングファイルとは
関連する作業
6.20 リンカコマンドラインでのステアリングファイルの指定
関連する参考文書
6.21 ステアリングファイルコマンドの概要
6.18 symdefs ファイルの形式
13.2 HIDE ステアリングファイルコマンド
13.4 RENAME ステアリングファイルコマンド
12.45 --edit=file_list
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.