9.3 Armlink に実装されている重要な ld スクリプトコマンド

ld スクリプトコマンドのサブセットは armlink に実装されています。

以下の ld スクリプトコマンドが実装されています。

ファイルを処理するコマンド

以下のコマンドが実装されています。

  • AS_NEEDED

  • ENTRY

  • GROUP

  • INCLUDE

  • INPUT

  • OUTPUT

  • OUTPUT_ARCH

  • OUTPUT_FORMAT

  • SEARCH_DIR

  • STARTUP

入力セクションを出力セクションにマップするコマンド

SECTIONS コマンドが実装されています。

SECTIONS コマンドは最も複雑なコマンドですが、すべての機能が実装されているわけではありません。特に、ロードアドレス機能は実装されていません。

AT(address) >region AT>region

これらのコマンドはサポートされていません。これらのコマンドでは、サポートされていない PHDRS コマンドが必要になるか、または仮想アドレスとロードアドレスが別々になるためです。

以下のデータ定義関数は実装されていません。

  • BYTE(expression)

  • COMMON

  • CONSTRUCTORS

  • CREATE_OBJECT_SYMBOLS

  • SHORT(expression)

  • LONG(expression)

  • QUAD(expression)

  • SQUAD(expression)

入力セクションの指定子は使用できません。

archive:file

シンボルバージョン管理を制御するコマンド

VERSIONS コマンドが実装されています。

VERSIONS コマンド構文は、armlink --symver_script コマンドラインオプションでサポートされているものとまったく同じです。armlink では、VERSIONS コマンドでの符号化されていないシンボル名の一致はサポートしていません。

関連する概念
9.4 armlink での ld スクリプトの使用に固有の制限
9.1 GNU ld スクリプトのサポートと制限について
関連する参考文書
12.149 --symver_script=filename
12.151 --sysroot=path
12.88 --linker_script=ld_script
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.