12.70 --import_unresolved、--no_import_unresolved

SysV 共有オブジェクトをリンクする際の未解決の参照のインポートを有効または無効にします。

使用法

--sysv --shared を使用して共有オブジェクトをリンクする際、未解決のシンボルは通常はインポートされます。

オブジェクトファイルをリンカコマンドラインで明示的に一覧表示する場合は、 --no_import_unresolved オプションを指定して、未解決の参照によって未定義シンボルのインポートではなく未定義シンボルエラーの生成が行われるようにして下さい。

--import_unresolved がデフォルトのオプションです。

関連する参考文書
12.129 --shared
12.152 --sysv
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.