12.119 --ro_base=address

指定したアドレスに RO 出力セクションを含む領域のロードアドレスと実行アドレスの両方を設定します。

構文

--ro_base=address

address は、ワード境界で整列させる必要があります。

使用法

実行専用(XO)出力セクションが存在し、 --ro_base--xo_base なしで指定する場合、--ro_base で指定されるアドレスに ER_XO 実行領域が作成されます。ER_XO 実行領域は ER_XO 領域の直後に配置されます。

デフォルト

このオプションを指定せず、スキャッタファイルも指定しなければ、デフォルトは --ro_base=0x8000 になります。XO セクションが存在しない場合、これは、ER_XO 領域の配置に使用されるデフォルト値です。

制約条件

--ro_base--scatter--shared、または --sysv と組み合わせて使用することはできません。

関連する参考文書
12.120 --ropi
12.121 --rosplit
12.123 --rw_base=address
12.171 --xo_base=address
12.175 --zi_base=address
12.129 --shared
12.152 --sysv
12.126 --scatter=filename
非機密扱い PDF file icon PDF 版 ARM DUI0474JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.