12.129 --shared

System V(SysV)共有オブジェクトを作成します。

使用法

このオプションは --fpic および --sysv と組み合わせて使用する必要があります。

このオプションを使用すると、デフォルトでは未使用セクションの削除が無効になります。共有オブジェクトをビルドするときに未使用セクションの削除を再度有効にするには、 --remove オプションを使用します。

関連する参考文書
12.17 --bpabi
12.41 --dll
12.65 --fpic
12.70 --import_unresolved、--no_import_unresolved
12.118 --remove、--no_remove
12.152 --sysv
12.122 --runpath=pathlist
12.134 --soname=name
10 BPABI および SysV の共有ライブラリと実行可能ファイル
非機密扱い PDF file icon PDF 版 ARM DUI0474JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.