12.160 --use_sysv_default_script、--no_use_sysv_default_script

組み込みの ld スクリプトまたは組み込みのスキャッタファイルを使用するかどうかを指定します。

使用法

--use_sysv_default_script を使用すると、組み込みの ld スクリプトにより armlink の動作が GNU ld により近くなります。

組み込みの ld スクリプトではなく組み込みのスキャッタファイルを使用する場合は、--no_use_sysv_default_script を使用して下さい。組み込みのスキャッタファイルにより、リンカの動作は RVCT v4.0 リンカの動作に近づきます。

デフォルト

デフォルトは --use_sysv_default_script です。

関連する概念
11.2 ベースプラットフォームリンクモデルのスキャッタファイルの例
関連する参考文書
9.6 armlink によって使用されるデフォルトの GNU ld スクリプト
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.