4.7 RW データ圧縮を使用した最適化

通常、RW データ領域には、ゼロなどの繰り返しの値が多数含まれるため、この領域は圧縮に適しています。

ROM サイズを小さくするため、RW データ圧縮はデフォルトで有効になっています。
データは、リンカによって圧縮されます。このデータが、実行時にターゲット上で伸張されます。
ARM ライブラリにはいくつかの伸張アルゴリズムがあり、リンカは、イメージの実行時にデータ領域を伸張するのに最適なアルゴリズムを選択して、イメージに追加します。リンカによって選択されたアルゴリズムはオーバーライドできます。
以下のサブセクションから構成されています。
関連する参考文書
8.4.3 実行領域の属性
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.